競売の前に任意売却|不動産会社選びを効率的に行なうために必要なこと

不動産会社選びを効率的に行なうために必要なこと

競売の前に任意売却

マンション模型

不動産屋と任意売却について

自宅などの不動産を買う場合は、住宅ローンを組んで購入する場合が一般的ですが、その住宅ローンが払えなくなった場合はどうなるのでしょう。最終的には競売にかけられて、現金化されるのが実態です。ですが、その競売の前の段階で任意売却するという選択肢があります。任意売却とは銀行などの住宅ローンを組んでいる(お金を貸してくれる)所から許可をもらい、住宅ローン残高が残っている状態で住宅を売却する事です。なぜ、このようなことができるかと言うと、お金の貸し手からすれば競売にかけて現金化されるより任意売却したほうが有利だからです。任意売却は競売よりも高い値段で売れ、かつ短期間で現金化することができるからです。貸し手からすればできるだけ回収率を上げることができます。ただし、任意売却を扱う不動産の実力次第で任意売却の額等が変わってきます。

任意売却のメリットについて

任意売却は住宅ローンの返済に困窮した時に、融資を受けた金融機関などの同意を得て自宅を売却する手段の一つです。所有者が住宅ローンを滞納して3カ月程度経ちますと、金融機関とのローン支払契約が失効するため保証会社から代位弁済が行われ、保証会社ではその後裁判所に「競売」の申し立てを行い、所有者の意思とは無関係に不動産を処分し資金を回収しますが、落札価格は相場に比して5割〜7割程度のため、所有者には多額のローン残債が残ります。任意売却は競売に至る前に不動産業者や専門業者に依頼し、債権者の合意を受けた上で市場価格に近い価格で不動産を処分する方法であり、仲介手数料は債権者が支払ってくれる上、業者側が売却の交渉から手続きまで請け負います。そのため競売に比べ債務者に対する残債の圧縮が見込まれるほか、短期間で不動産の処分ができる可能性が高いです。当然、任意売却後も債務が残った場合は債務者に返済を行う義務がありますが、最近では任意売却から残債の整理まで一括で引き受ける任意売却専門業者も増えており、月々の返済金額の圧縮や期間の延長など金融機関との交渉を行ってくれるなど、極めて利用しやすい制度になっています。